ベースとは

昔は非常に高価な楽器であったelectric bass、一般的には「ベース」と呼ばれていますが、最近では簡単に手に入れられるようになりました。

高価であった頃は、比較的安く手に入れられるギター(エレクトリックギターなど)でベースの練習を行っていたこともあるそうです。

 

そんなエレクトリックベースですが、元々はクラシックなどでよく使用されているコントラバスなどのウッドベースが持ち運びや動き回るのに大変な為、電気的に音が出せるように改良したもの何だそうです。

小さく便利で取扱も簡単なことから人気がでて、現在では欠かせない楽器の一つになりました。

 

外見はエレクトリックギターに非常によく似ていますが、単音で演奏するのが一般的です。

ピックや指で演奏するのですが、弦が非常に太いのが特徴的で指の力を必要とします。

ベースの音は、簡単に言うとギターの低音版といったところでしょう。

4本の弦が一般的ですが、5本以上の物もありこれは多弦ベースとも呼ばれています。

バンドなどでは、欠かせない楽器の一つで、大抵が左側に位置していますね。

ベースを演奏する人をベーシストと呼びますが、紹介の際などは「ベースの〜!」なんて紹介されることの方が多いようです。

 

単音での演奏が一般的なので簡単そうに見える楽器ですが、弦の太さから慣れるまでは音を出すのも難しく、リズム感やコード感に大きく影響を与える楽器なので、シンプルだからこそ感性が問われる楽器なのかもしれません。

演奏すればするほど奥の深い楽器だと実感するようです。