ベースの練習法について

ベースは、シンプルな演奏が故に奥の深い楽器です。

一度モノにすれば非常に面白く魅力的な楽器なので、興味のある人はぜひ練習してみましょう。

以下に簡単な練習方法を紹介します。

 

まずは、ベースで重要なのはやはりリズム感ですので、音が出せるようになったらクリックに合わせて地道に毎日練習しましょう。

それが出来るようになったら、ノリを出した演奏法にチャレンジしていきます。

基本的には、コツコツ練習していくことが大切なのですが、それでは飽きてくるのも当然です。

音楽は楽しみながら習得するのが一番の近道ですから、予防策として、たまに好きな楽曲の中で簡単なものをコピー演奏してみましょう。

気持ちも楽しくなり、この曲をもっと上手に弾けるようになりたいと思えば、必然と基礎練習にも身が入るはずです。

 

ベースは、単純なリズムを繰り返し弾いているように思うかもしれませんが、実は、曲の根幹の役割を果たすほどの重要なパートなのです。

バリエーションも非常に豊富で、ドラマー並みのリズム感も要求されます。

コードのルートに始まり、分数コードのルート、そして、順次進行で2度進行ができるようになると本格的にベースの進行が理解できるようになるでしょう。

ルートの上下に変化をつけて見ると理解しやすいかもしれませんね。

 

簡単に紹介していきましたが、ベースも他の楽器同様地道な練習が必要です。

派手な楽器でもないかもしれませんが、上手になればなるほど、その面白さにハマる人も多いのも事実です。

ぜひ練習してみて下さいね。