ベースの演奏法について

エレクトリックギターとエレクトリックベースは、外見上非常によく似ています。

その為、ギターが演奏できればベースも演奏できるのでは?と思うかもしれません。

しかもギターの弦は6本でベースの弦は4本ですから、ベースは簡単だと勘違いする人も多いようです。

 

しかし、似て非なるものとはこの事で、外見は似ていても全く別の楽器と考えた方がよいでしょう。

確かにギター経験者は、全くの初心者がベースに挑戦するよりは、手の使い方や弦を抑える指の力もあるので学びやすいかもしれません。

しかし、ベースはギターよりも1オクターブ低い音域を奏でる為に、フレットとフレットの間隔が非常に広く、弦も太くなっているので、予想以上に指の力が必要です。

 

また演奏方法も異なります。

ギターは、親指〜薬指まで色々な指を使い1本ずつ弦を弾くアルペジオやピックを使い弾く方法がありますが、ベースは人差し指と中指を使って弾く2フィンガーやピックでの演奏、また弦を引っ張ったり弦を叩いたりして音をだす「スラップ」という独特の演奏法があります。

 

ギターとベースでは、簡単に見ても違いがありますし、何よりベースはシンプルな演奏が故の奥深さがあります。

ベースが音楽に与える影響は大きく、実はドラマー並みのリズム感が必要とされる楽器なのです。

だからこそ、現在において欠かせない楽器でもあり人気があるのでしょう。

ぜひギターとは別の楽器と捉え、ベースを楽しんでみて下さい。