ベース譜について

楽器を練習する際には楽譜を見ながら行っていきますが、その中でもベース譜は初心者には少し難しいのではないでしょうか。

難しい記号や紛らわし部分も多く、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

ここでは、簡単にですが、ベース譜の読み方について紹介していきたいと思います。

 

まず、楽譜の一番下段部分の線は読まないので、無いものと考えて大丈夫です。

(これは4本の弦の場合の説明です)

そして、譜面で一番上の線が一番奥の細い弦、順に手前に向かって太い弦を表しているので、一番下が一番太い弦ということになります。

 

次に、音譜の上に書いてある数字についてです。

ここが初心者には難しいポイントかもしれませんので、良く読んでくださいね。

この数字は押さえる場所を記していて、フレット(ベースの弦の下に不規則に並んでいる金具の部分)のヘッドの方から1、2、3と表わしています。

始めは、フレットとフレットの間の数を数えて行く感じでしょうが、繰り返し練習することで慣れて指が覚えてくるようになれば、自分のものへとなってくるでしょう。

ここまで来て始めて楽譜が読めるようになってくると思います。

 

その後は、指を表す文字(人・中など)や音譜の長さを表わす独特の記号使いがされたTAB譜などもありますので、バンドスコアの後ろで確認してみましょう。

また、ネットでも色々と参考になるサイトなどがありますので、ぜひチェックしてみて下さい。