キーボードとは

キーボードというと、バンドの中で使用されているシンセサイザーなどを思い浮かべる人が多いと思います。

キーボードとは、本来は鍵盤楽器の総称で、笛を鳴らす感じのパイプオルガン・ピアニカや電子音を出すシンセサイザー・電子オルガン、弦をはじいて音を出すチェンバロなどがあります。

 」ああ

定義は明確でなく、簡単に言うと

 ・鍵盤がある

 ・その楽器を動かす為の、ボタンなどがある

 ・足で動かす為の踏み板がある

などがあるようです。

シンセサイザーなどは、上記に加えコンピューターや入力装置も加わってきますね。

 

鍵盤楽器という名は、以前は鍵盤楽器の総称として使われており、個々の楽器はそれぞれ楽器名で呼ばれていました。

それぞれが独立して演奏し、複数の鍵盤楽器が同時に演奏されることも少ないことから、演奏する人もオルガン奏者やピアノ奏者と呼ばれていました。

次第に、シンセサイザーなどの電子楽器が出てきて、それらを演奏する人をキーボード奏者と呼ぶようになり、楽器自体もキーボードと言えば電子楽器を表す事が多くなりました。

年々性能も良くなり、最近ではキーボード一台で様々な楽器の音がだせたり、または録音したものを組み合わせることで、一つのバンドが組めてしまう程になっています。